2019年のデスク環境

iMac Retina 5K, 27-inch, 2019

最近、引っ越しを機にデスクトップ周りを整理してみたお話。正確には@goandoのデスクトップを真似ただけのお話。

2017年の俺的Mac環境でもまとめたが、定期的にiMacだけの環境とMacBook Pro + 周辺機器いっぱいの環境を交互に試したくなる性である。そして今年はiMacシンプル路線である、今のところ。

黒い感じでまとめたかったので、一瞬、気の迷いで、iMac Proの購入を考えたが、iMac ProとiMac 2019の性能は大差ないと聞いたので、おとなしく、シルバーのiMacを購入した。

あと今年は絶対VESAマウント搭載のiMacにしようと思っていた。モニターアームブランドのエルゴトロンから、ついにマットブラックのアームが発売されているのを知って、後押しされた感じだ。

おかげさまでモニターアームが使えるので、iMacのアゴ周り?喉元?がスッキリしてストレスがない。キーボードなども以前の記事のとおり黒色で揃えた。

iMacから伸びる白い咆哮

黒いモニターアームをつけて、ルンルン気分になったのだが、デスクの下を見てみると一本だけ白いやつがいる…なんでお前だけ白いねん!!

t32kは発狂した。メルカリの中に駆け出し、中古のiMac電源ケーブルを探した。

果して一本の黒虎が叢の中から躍り出た。

iMacの電源ケーブルは2012年以降であれば同じタイプだったので、問題なく使えた。だいたい1000~2000円内で買えるのではないだろうか。

あとは@goandoおすすめのスプレーで塗装するだけ。正直ケーブルを塗装するなんて正気の沙汰じゃないって思ってたけど、塗ってみると案外大変じゃないし、すごく満足しているので、人生一度は電源ケーブルを染め上げてみるのもいいかもしれない。

おんぶに抱っこ

予算の都合上、iMacのストレージがSSDの512GBしかない。 そうゆうわけで4TBのポータブルHDDを利用しているのだが、これをVESAマウントのiMacで使うと、常にUSBケーブルが垂れた状態になってしまって、よろしくない。というわけでマジックテープで着脱可能にしている。

昔、MITメディアラボの石井教授がMacBook Proの背面にマジックテープでポータブルHDDをつけてたのを思い出して、やってみた。基本ディスプレイの裏にあるので特に気にする必要がないので、とりあえず固定できればよいのである。

机の足を固定するネジ部分がちょうどこのヘッドホン掛けの穴にはまったので利用した。

木を隠すなら森の中

Google Home Mini、Google Wi-Fi、Nature Remo miniなどの白物家電がどうしても存在する。そうゆうのは白い壁に貼り付けとく。

ただ、良い感じのところにコンセントがないのが玉に瑕。

おしまい。