VagrantでCentOSを入れてJenkinsを導入してみる

我もJenkins触ってみたかったんや…

  1. Jenkinsで我もジョブ書きたい
  2. とりあえずローカル環境で動かしたい
  3. Macのインストーラーで一発やん!
  4. でもいろいろインスコしたら危なそう
  5. んじゃ、VM上でJenkins動すか <-イマココ

ってことで、Vagrant使ってみることにする。

各種インストール

VirtualBox をインストールしましょう。

最新の4.2.14でvagrant upすると”Progress object failure: NS_ERROR_CALL_FAILED”ってエラーでるので、4.2.12をインストールしませう。

Vagrantをインストールしましょう。

以前に、gem installでvagrantをインスコした人はuninstallしておきませう。古いのがあるとうまく動きません。

vagrantで利用できるBoxファイルはここに一覧がありますんで、好きなやつ選びましょう。

僕はCentOSをいれたかったので、”CentOS 6.4 x86_64 Minimal (VirtualBox Guest Additions 4.2.12, Chef 11.4.4, Puppet 3.1.1)”を選びました。

$ vagrant box add centos-6.4 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box

これで、ローカルの~/.vagrant.d/boxes/にcentos-6.4って名前でBoxファイルが保存されます。

$ vagrant init
centos-6.4 A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read the comments in the Vagrantfile as well as documentation on `vagrantup.com` for more information on using Vagrant.
$ vagrant up 
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider... [default] Importing base box 'centos-6.4'... ...

あとは、initで初期化して、upで起動させる。

$ vagrant ssh
Welcome to your Vagrant-built virtual machine. 
[[email protected] ~]$

sshでVMの中に入れます。

$ sudo yum install java-1.7.0-openjdk.x86_64

Jenkinsで必要なためcentOSにJavaをインストールします。

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key 
$ sudo yum install jenkins

RedHat Linux RPM packages for Jenkinsのページ見ながら、Jenkinsをインストールします。

$ sudo service jenkins start
Jenkinsを起動させます。

http://localhost:8080/でJenkinsのホーム画面が表示されれば成功です。

が、表示されない。

各種設定

$ sudo vi /etc/sysconfig/iptables
# 下記一行追加
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080 -j ACCEPT

8080のポートを空けます。

$ /etc/init.d/iptables restart

再起動します。

http://localhost:8080/でJenkinsのホーム画面が表示されれば成功です。 が、表示されない。

# Vagrantfile

# Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port 
# within the machine from a port on the host machine. In the example below, 
# accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine. 
config.vm.network :forwarded_port, guest: 8080, host: 8001 

# Create a private network, which allows host-only access to the machine 
# using a specific IP. 
config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

Vagrantfileの設定で、ポートフォワーディングを設定します。 (ゲストOS上の8080への接続をホストOSの8001からアクセスするみたいな感じ?) config.vm.network :private_networkのコメントアウトを外します(外さなくてもいいかもしんない)。

$ vagrant reload

再起動して、

http://localhost:8001/でJenkinsのホーム画面が表示されれば成功です。

ほらね、簡単でしょ?

参考

TCPやUDPにおけるポート番号の一覧 - Wikipedia