Performance



手軽にCIを体験してみたい・その2

前回の記事が全然手軽じゃない気がしてきたので、今回も幾分かマシにCIを体験するというかCIサーバ立てずにがんばってみる。

手軽にCIを体験してみたい

昨年のFrontrend/06では、全くもってながら個人的な趣向のもと継続インテグレーションをテーマに開催したんだけど...

WebPagetest in 5 minutes

10/30にCAで行われたFrontrend x Chrome Tech Talk Night ExtendedでWebPagetestでライトニングトークしてきたのでメモしておく。

CSS Sprite画像はDataURI画像にすべきか?

最近、スプライト画像はDataURIにすべきですか?という質問が多くて、調べてみました。てか、前のもそんな話題があったような。

Long Life Web Performance Optimization

今回はLong Life Designのように長〜く使えるWPOを心理学などの人間側から考えてみようってのが今回のセッションの狙いです。

Coding Web Performance

今回の対策にあたり、私はHTMLを1から組み直したわけでもなく、サーバーの設定をカリカリにチューニングしたわけではありません。当初の目標に設定したとおり、HTTPリクエストを減らすという最小限の対策でこのような最大限の効果が得られたと考えています。

High Performance Web Design

パフォーマンスは収益やUXに大きく影響します。YSlowという計測ツールを手に入れました。パフォーマンスを上げるためにHTTPリクエストを減らすことが最優先事項です。そのためにはサイトで何をしたいのか、明確な目標を定めることが必要です。そうすれば、一貫性のあるデザインをすることができ、簡潔なコードにつながり、ハイパフォーマンスWebサイト!みんなHAPPY!

Design Fast Websites

パフォーマンスに関するデザインの話なので、興味があった。まず、なぜパフォーマンスを意識しなければならないのか?ということに関して3つの理由を挙げている。